✕ 閉じる

✕ 閉じる

✕ 閉じる

✕ 閉じる

✕ 閉じる

  • しろめぐりん周辺観光スポット
  • しろめぐりん周辺グルメスポット
  • しろめぐりん周辺お土産スポット
  • しろめぐりん周辺宿泊スポット
  • しろめぐりんおすすめ周辺スポット
熊本城・二の丸駐車場バス停 下車徒歩約5分
監物台樹木園

監物台樹木園

けんもつだいじゅもくえん
季節と出逢える憩いの緑園
閑静な園内には、九州の郷土樹種である常緑広葉樹を中心に約2000本の樹木や草花が、四季折々の景観で迎えてくれる。園内に今も残る監物櫓は熊本城の北の守りとして築かれたもので、国の重要文化財に指定されている。
電話番号096-352-5781
住所中央区二の丸4-1
休業日月曜日(祝日または休日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
営業時間9:00〜17:00(10月〜3月)、9:00〜18:00(4月〜9月)
料金高校生以上200円、中学生以下無料(30名以上の団体:高校生以上160円)
しろめぐりん1日乗車券施設割引
大人200円⇒160円


熊本交通センターバス停 下車徒歩約4分
黄金ラーメン銀座店

黄金ラーメン銀座店

おうごんらーめん
くまもと王者のとんこつ「黄金完熟とんこつ」
黄金色をした完全熟成スープ。フルーティーな香りの秘密は林檎やマンゴーなどたっぷり使用された完熟フルーツ。とんこつの旨みと完熟フルーツの甘みが織り成すハーモニーがたまらない1杯。
電話番号096-355-1800
住所中央区下通1-7-23 TM25ビル1F(銀座通り)
休業日無休
営業時間24時間営業
メニュー黄金完熟とんこつラーメン850円、THE・とんこつくまもとラーメン680円、全国優勝グランプリ餃子(1人前)300円
駐車場無し
クーポン
ラーメン注文のお客様に全国優勝グランプリ餃子(1人前)300円→150円

熊本交通センターそば 徒歩2分
熊本県物産館

熊本県物産館

くまもとけんぶっさんかん
特産品がズラリ勢揃い!お土産も、地方発送も全部おまかせ
熊本県下の伝統工芸品から特産品まで一堂に取り揃える。くまモングッズもある。
電話番号096-353-1168
住所熊本市中央区桜町3-1 NTT西日本桜町ビル1F
休業日年中無休(12/31〜1/2を除く)
営業時間 10:00〜18:30
クーポン
「しろめぐりん」提示の方には酒類を除き、お買上げ額から5%を割引
熊本城・二の丸駐車場バス停 下車徒歩約3分
加藤神社

加藤神社

かとうじんじゃ
加藤清正を祀る肥後総鎮守
日本三名城の一つである熊本城の築城や県下全域にわたる発展の礎を築いた加藤清正を祀る神社。神社と熊本城が切り絵風に描かれた表紙の御朱印帳が授与できる。
加藤神社
電話番号 096-352-7316
住所中央区本丸2-1
御朱印
拝受時間
9:00〜17:00(授与所)
料金御朱印料300円
御朱印帳1,000円

博物館・旧細川刑部邸前バス停 下車徒歩約3分
加藤神社

熊本県護国神社

くまもとけんごこくじんじゃ
平和繁栄の守護神とし英霊を祀る神社
幕末から明治維新、国難に殉じられた人々を祀るために建立された。境内には記念碑や慰霊碑が建ち、資料館には戦時下の遺品が展示されている。春には梅や桜が咲き誇り、御朱印の神紋にも使われている。
熊本県護国神社
電話番号096-352-6353
住所中央区宮内3-1
御朱印
拝受時間
8:00~18:00
料金御朱印料300円
新町バス停 下車徒歩約1分
長﨑次郎喫茶室

長﨑次郎喫茶室

ながさきじろうきっさしつ
ノスタルジックな空間の喫茶室
明治7年創業、国登録有形文化財に指定され夏目漱石や小泉八雲なども足を運んだとされる長崎次郎書店。その2階にある喫茶室では城下町の風情と路面電車の風景を楽しみ歴史を感じることができる。水出し珈琲750円、どらやき200円。
電話番号 096-354-7973
住所中央区新町4-1-19 2F
休業日水曜日
営業時間 11:26〜18:26(OS)(土日祝は〜18:00)

熊本交通センターバス停 下車徒歩約5分
かごにゃん新市街店

かごにゃん新市街店

かごにゃんしんしがいてん
にゃんこに癒されるひとときを
猫の保護や新しい家族の橋渡しを行うカフェで、お店に入るとたくさんの猫たちが出迎えてくれる。自由気ままにのんびりする姿に癒される猫好きにはたまらない空間。スイーツ400円〜、ドリンク300円〜、他。
電話番号 096-221-4000 (12時以降)
住所中央区新市街6-2 グリーンライトビル 3F
休業日無休
営業時間 12:00〜翌2:00(金・土は〜翌3:00)
熊本交通センターバス停 下車徒歩約3分
五郎八

五郎八離れ

ごろはちはなれ
ホテルもお薦めする郷土料理専門店
熊本郷土料理や旬の食材を楽しめる「五郎八(ごろはち)」。その離れとして、コース料理を個室やカウンターで食せる郷土料理専門店。郷土料理御膳3,240円、創作料理御膳2,700円。ランチは事前連絡を。
電話番号096-321-8880
住所中央区花畑町13-26 第一銀杏ビル5F(銀杏中通り)
休業日不定休(年末年始休)
営業時間11:30~14:00(要予約)
16:30~23:00(OS)
熊本ホテルキャッスル前バス停 下車徒歩約2分
懐食 田しろ

懐食 田しろ

かいしょく たしろ
初心者も入りやすい気軽さを備えた本格和食店
県調理師会会長で58年の料理歴を持つ店主と、国内外で修行を重ねた二代目を中心に、見事な和モダンの融合を遂げる「田しろ」。旬の県産食材が、サックリとした天ぷらや、程よい酸味の押し寿司に化けていく様を眺める扇状のカウンターで楽しめる。
電話番号096-323-1126
住所中央区城東町2-6 モアーズ3ビル1F
休業日日曜
営業時間11:00~14:00、17:00~22:00

熊本交通センターバス停 下車徒歩約5分
三井ガーデンホテル熊本

三井ガーデンホテル熊本

みついがーでんほてるくまもと
2017年4月1日リニューアルオープン
三井ガーデンホテルオリジナルのくまモンクッションやペアのコーヒーカップの他、バスルームにはくまモン柄のシャワーカーテンなどくまモンに囲まれた空間に宿泊できる「くまRoom®」はツインとトリプルがある。
電話番号096-352-1131
住所中央区紺屋今町1-20
チェックイン14:00
チェックアウト11:00
休業日無休
市役所前バス停 下車徒歩約5分
くまモンスクエア

くまモンスクエア

くまもんすくえあ
情報を発信するくまモンの活動拠点
テトリアくまもとビル1Fにあるくまモンスクエアには、くまモンがダンスを披露する交流スペースやオリジナルグッズを販売する売店などくまモンを楽しめることがぎゅっと詰まっている。営業部長室での記念撮影も可能。
電話番号096-327-9066
住所中央区手取本町8-2 テトリアくまもとビル1F
営業時間10:00~19:00
休業日年末年始(くまモン部長の在室スケジュールはHPで確認)

ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイバス停 下車すぐ
ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ

ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ

えーえぬえーくらうんぷらざほてるくまもとにゅーすかい
12階のゲストルームからは熊本の市街地を一望
大胆にくまモンをあしらったマグカップやシャワーカーテン、ベッドスローなどのホテルオリジナルグッズが揃い、ぬいぐるみもたくさん並ぶくまモン三昧のゲストルームは海外旅行者にも人気。ホテルと熊本駅を結ぶ無料シャトルの車体にもくまモンがデザインされている。
電話番号096-354-2111
住所中央区東阿弥陀寺町2
チェックイン14:00
チェックアウト11:00
休業日無休

宇土櫓・大天守・小天守

うとやぐら・だいてんしゅ・しょうてんしゅ
熊本地震で被害を受けた大・小天守では本格的な復旧工事が進められており、2017年7月には天守が足場と工事用シートで覆われしばらく姿が見られなくなる。2019年1月に工事完了予定。
宇土櫓・大天守・小天守
二の丸広場からの展望

宇土櫓・大天守・小天守

うとやぐら・だいてんしゅ・しょうてんしゅ
熊本地震で被害を受けた大・小天守では本格的な復旧工事が進められており、2017年7月には天守が足場と工事用シートで覆われしばらく姿が見られなくなる。2019年1月に工事完了予定。
宇土櫓・大天守・小天守
加藤神社からの展望

戌亥櫓

いぬいやぐら
飯田丸五階櫓と同じく隅石一本で支えられている姿がもうひとつの奇跡の一本石垣と呼ばれ間近で一望できる。
戊亥櫓

二の丸御門

にのまるごもん
二の丸広場に続く北の入口は、両脇の百間石垣とともに崩れている状態。バスの車窓からも見学可能。
二の丸御門

北十八間櫓・東十八間櫓・田子櫓・七間櫓・十四櫓・四間櫓周辺

きたじゅうはちけんやぐら・ひがしじゅうはちけんやぐら・たごやぐら・しちけんやぐら・じゅうしけんやぐら・しけんやぐら・すどぐちもん
熊本市役所から一番近い須戸口門から入場すると見えてくる櫓群。倒壊した櫓や石垣が落ち、門からは入場できないが周辺道路から見る事ができる。
北十八間櫓・東十八間櫓・田子櫓・七間櫓・十四櫓・四間櫓周辺

北十八間櫓・東十八間櫓・田子櫓・七間櫓・十四櫓・四間櫓周辺

きたじゅうはちけんやぐら・ひがしじゅうはちけんやぐら・たごやぐら・しちけんやぐら・じゅうしけんやぐら・しけんやぐら・すどぐちもん
熊本市役所から一番近い須戸口門から入場すると見えてくる櫓群。倒壊した櫓や石垣が落ち、門からは入場できないが周辺道路から見る事ができる。
北十八間櫓・東十八間櫓・田子櫓・七間櫓・十四櫓・四間櫓周辺

飯田丸五階櫓

いいだまるごかいやぐら
隅石一本で支えられた姿は「奇跡の一本石垣」とも呼ばれ現在は倒壊防止工事が行われている。
飯田丸五階櫓
地震直後の城内からの展望(立入り禁止エリア内)

飯田丸五階櫓

いいだまるごかいやぐら
隅石一本で支えられた姿は「奇跡の一本石垣」とも呼ばれ現在は倒壊防止工事が行われている。
飯田丸五階櫓
長塀からの展望

▲ トップへ戻る